携帯電話向けコンテンツ「三丁目図書館」、ライター募集のお知らせ!

3丁目図書館株式会社オンブックでは、携帯電話向けのコンテンツ配信サービス(仮称「三丁目図書館」)を準備中です。つきましては、小説、エッセイなどの読み物を、携帯向けに書いてみたいというライターを募集します。プロ、アマは問いません。また、ジャンルも自由です。

若者を中心に活字離れが叫ばれていますが、携帯電話向けのコンテンツ市場は、ここ数年で確実に成長をとげています。小さな画面は、お世辞にも読みやすいとはいえませんが、紙の本とは違った、新しい楽しみの可能性を秘めています。

携帯電話という刺激的なメディアで新しいチャレンジをしたい方、すでに“書く”仕事に就いており腕試しをしてみたい方、どうしても書きたいことがあるが発表の場がない方、などなど……。書きたい意欲のある方は、どんどんご応募ください。

笑いあり、涙あり、感動あり、マジメな勉強あり、ちょっとエヘヘなものもあり。そんな、にぎやかなコンテンツを、日本中に向けて発信して行きます!

■「三丁目図書館」の概要

●携帯電話のブラウザで閲覧できる形式でコンテンツ(作品)を配信します。作品の分量は3万字以上、10万字未満で書いてください。「短編」なら3万字、「中編」なら6万字、それ以上は「長編」とします。

●また、エッセイやコラムなどの場合は、1本あたり800字程度とし、30本で「短編」、60本で「中編」を目安に書いてください。

●新規書き下ろしでも、既存コンテンツ(ブログやメルマガなどで連載したなど)の再編集でもかまいません。その旨、明記してください。

●小説、エッセイなどジャンルは問いません。ただし、公序良俗に著しく反するものや、他人の人格を傷つけるものなどはご遠慮ください。また、他人の著作物を無断で使用することはできません。自分で書いたオリジナル作品のみを受けつけます。

●原稿の投稿は、プロ、アマ、性別、年齢などを問いません。誰でも可能です。ただし、採用については、こちら側で内容を判断させていただき、可否を決定させていただきます。

●有料課金サービスですので、原稿が採用された場合は、利用に応じて印税をお支払いします。採用後に、書面にて契約を結びます(18歳未満の方は保護者の方との契約となります)。

●参加を希望される方は、発信者希望登録フォーム でライター登録をしてください。詳細などは、担当者から個別にご連絡を差し上げます。
■執筆上のご注意

●原稿のデータは「プレーンテキスト形式」で保存したものを送ってください。また、すべての原稿をひとつのファイルにまとめてください。Microsoft Wordの場合は「名前をつけて保存」で「ファイルの種類」を「テキストのみ」にします。一太郎の場合は「名前をつけて保存」で「保存形式」を「テキスト形式」にします。

●作品は3万字以上、10万字未満で書いてください。「短編」は3万字(400字原稿用紙で75枚)、「中編」は6万字(400字原稿用紙で150枚)、「長編」は10万字まで(400字原稿用紙で250枚)を目安とします。

●携帯電話向けのコンテンツですので、一文があまり長いと読みにくくなります。機種や表示する文字サイズの設定にもよりますが、11字×10行程度が、1画面に表示される分量です。画面全部が文字でビッシリと埋まってしまうような書き方は、表現上どうしても必要な場合をのぞいて避けた方がいいでしょう。通常は10行以内で改行し、1行分の空白行を挿入することをオススメします。

●書いた原稿を、ご自分の携帯電話にメールで送信して読んでみると、読みやすさについての判断ができると思います。

●本文の初めと改行のアタマは、全角の空白で1字下げにしてください。見出しを入れる場合は、前後に1行ずつ空白行を入れてください。

●絵文字などの携帯電話固有の文字は使えません。また、「\(^o^)/」などのフェイスアイコンや、「(笑)」「(爆)」「(泣)」などの表現は、表現上どうしても必要な場合をのぞいて、使わないことをオススメします。

●英数字については、「1日」「2人」「Aさん」「謎のミスターX」など1文字の場合は全角文字で、「180秒」「29,800円」「Xmasにデート」「今月のMVP」など2文字以上の場合は半角文字で表記してください。また、カタカナは全角文字で表記してください。

●「!」「?」などの感嘆符の後は、1文字分の全角の空白を入れてください。

●誤字脱字や用語の統一などのチェックは十分に行ってください。パソコンで執筆する場合は、印刷して赤ペンで文字校正をすることをオススメします。
■配信サービスについて

三丁目図書館プロジェクトは、株式会社オンブック及び株式会社デジタルメディア研究所と、携帯コンテンツ配信をサービスを行っている株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの共同プロジェクトです。

▼ソニー・ピクチャーズ モバイル